FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
求心
2007年12月03日 (月) 14:02 | 編集
野球日本代表、台湾にも勝って北京行きの切符を手にしましたねぇ。
とりあえずパチパチ、、、。

昨日の韓国戦と比べると、今日の台湾戦はずいぶん楽に観ることが出来ました。
韓国戦はまさに「息詰る」という表現がピッタリの試合でしたから。

今日の7回表の日本の攻撃は、見応えがありました。
よく言われるところの「足をすくう」「揺さぶる」「畳み掛ける」という典型のような、、、

今日のような試合は、NGM先輩あたりと今はなき運輝あたりで、酒を飲みながら観たいもんですねぇ。

ところで、「日本代表」という表現が一般化したのはいつ頃からでしょうかね?。

その昔は「全日本」という言い方が一般的で、ちょっとカッコつけて「オールジャパン」と言ってみたり。

おそらくサッカー日本代表がワールドカップ出場を決めた頃からですかね?。

サッカー界では遥か昔からイングランド代表、西ドイツ代表、フランス代表という言い方をしていました。

ちなみに、、、

全日本という言い方で連想するのはバレーボール、、、

日本代表という言い方で連想するのはサッカー、、、

では野球は???

凋落のバレーは見限って、サッカー人気にあやかろうということか?。


ま、どうでもいいことですが、今回の野球の日本代表チーム、強いチームですわ、色んな意味で。


そして、星野監督の胴上げのシーンを視て、解説の東尾サンが興味深いことを言ってました。

「全員が輪の中心を向いて胴上げしているというのは最近では珍しい、、、」


う~ん、たしかに。

最近の胴上げって、外側を向いて万歳している選手が多いものなぁ。

TKY200712030344.jpg


現代社会の世相を映しているかのようで、、、

、、、しみじみ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.