fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
徴兵制の成せる業?
2022年11月01日 (火) 22:24 | 編集
 
10月29日に156人の死者を出す群衆事故が起きた韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)での映像が、今日(11月1日)も昼休みに視たTVから流れております。
いわゆる専門家という人たちも「現在の日本ではそうそう起こりにくい事故」だと認識しているようで、例えば同じハロウィンで比較するならば、渋谷区・警視庁・地元の商店の事前の対策からして全く違う、と。

それに加えて国民性としての人と人との距離が「日本よりも確実に近い」ということを挙げる人もいます。
具体的には例えば行列を作るときの前後の人との間隔が、元々日本人はアジアの中では相当に広いわけですが、それに加えて韓国在住経験のある人に言わせると「混雑しているところで後ろから押されるというのは日常的にあった」とのことで、、、あぁなるほど、それは南大門市場とかで自分も経験しました。
今はそうではないのかもしれませんが一昔前は、行列をする際、中国は「割り込む」文化で、韓国は「後ろから押す」文化だそうで、あぁそれも何となくというか経験的に解ります。

その一方で、事件直後の現場の彼方此方で心臓マッサージが行われている映像もよく流れるのですが、これを救急隊員とかではなく、普通の人々が行っているんですね。
日本だったらおそらく傍観してしまう人が多いのではないかと、、、これって徴兵制で受けた訓練の成果なんですかね。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.