fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
ベストセラーを見れば選挙が分かる
2022年07月22日 (金) 22:26 | 編集
 
慶応2年以降〜現在に至るまでのベストセラーを列挙したサイトがあるんで是非見ていただきたいんですけど、これが実に面白い。
ベストセラーというのは世相を映すんですね。

ところでベストセラーの常連作家といえば誰を思い浮かべますか?
村上春樹ですか?、池井戸潤ですか?、東野圭吾ですか?、阿川佐和子ですか?、百田尚樹ですか?、、、
それはね、おいらが生まれた1965年から50年以上にわたり、毎年トップ争いの常連である池田大作先生をおいて他にありません。
1990年代以降は、大川隆法先生も常連の仲間入りをして毎年トップ争いをされています。

村上春樹には熱心な支持者が一定数ついているとはいえ、やはり移り気ですから、確実性があるのは何といっても組織販売&組織購入なんです。
それでは書籍の売上を、選挙の得票に移し替えてイメージしてください。
やはり宗教団体による組織票の確実性は抜群ですよね。

民主主義の根幹をなすのは、自由で公正な「普通選挙」です。
この普通選挙を勝ち抜くために常日頃から大切にすべきものは?、、、それは選挙になんか行かない若者じゃないのはもちろんのことですし、移り気で目算の立たない浮動票には選挙前の一定期間だけアピールしとけば良いでしょう。

そうなんですよ、宗教の信者さんたちは確実に投票に行きますからね、宗教団体と懇意にしておけば当選の確実性が増すんです。
あとね、信者の人たちって普段は信者であることを表に出さなくても、選挙前になると自ら積極的に選挙活動してくれるんですよ、完全ボランティアですよ、これは有り難いですよ。
宗教によって勝たせてもらった政治家、特に宗教の組織票がなかったら勝てなかったであろう政治家は、その宗教に社会的問題があったとしても、積極的には動けませんもの、、、宗教団体未来永劫安泰の巻。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.