FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
昭和の踊り子 vs. 令和の踊り子
2020年10月16日 (金) 22:38 | 編集
 
今週は、水曜日(14日)の夜に北陸新幹線に乗って石川県の金沢に入り、木曜日(15日)は日本歯周病学会の専門医委員会に出席、そして今日(16日)と明日(17日)は、当院のスタッフも金沢入りして「第63回秋季日本歯周病学会学術大会」に全員で参加する予定でした。
しかし、コロナ禍のせいで学術大会はWeb開催に変更となり、金沢まで行く必要がなくなってしまいました。
当院としては、もともと休診にする予定だった今日と明日を、そのまま休診とさせていただき、コロナ禍にあっても真面目に勤務してくれて、精神的にも疲弊しているであろうスタッフの皆に休暇をとってもらうことにしました。

おいらもちょっとリフレッシュさせていただくことにいたしまして、たまたま休みが重なった嫁さんを誘って、日帰り旅行を計画しました。
まずは大船駅から特急「踊り子3号」伊豆急下田・修善寺行きに乗り込みます。


IMG_7715_202010171016157a1.jpg


長らく「踊り子」用に使用されてきた185系が誕生したのは今から40年前、昭和の生まれの国鉄型車輌です。
この185系も引退がカウントダウンとなりましたので、今のうちに是非乗っておこう、と思い立ったわけです。


IMG_7716.jpg


記念乗車ですから奮発してグリーン車に乗りましたが、まぁ予想していた通り、ガラガラであります。


IMG_7717_20201017101617c39.jpg


思えば「踊り子」を利用したことって、もっぱら東京〜大船間で「普通列車のグリーン料金よりも踊り子の特急料金の方が安いから」という理由で乗車してばかりで、今回初めて伊豆に向かうという本来の使い方を体験するのでありました。


IMG_7718_20201017101619988.jpg


朝からビールを美味しくいただけるのは休日の醍醐味です。
ビールの後は、ワンカップの日本酒、、、どちらも大船駅で購入しました。


IMG_7720_202010171016207f3.jpg


小田原を発車して早川を過ぎると、車窓には相模湾が広がって旅行気分が一気に高まります。


IMG_7723.jpg


洗面所の洗面器も独特の国鉄型が健在です。
蛇口から手を離すと水が止まるという、今となっては非常に使いづらい仕様ですが、昔は洗面器に水を溜めるのが前提ということで、まさに隔世の感があるというものです。


IMG_7726_20201017101623718.jpg


思えば「方向幕」も今やLED表示が主流で、巻き取り式は絶滅危惧種であります。


IMG_7729.jpg


185系が登場した40年前、当時は斜めストライプの塗装が非常に斬新でした。


IMG_7735_202010171016260be.jpg


伊東駅に停車中に、反対側のホームから編成美をカメラに収めました。


IMG_7736_20201017101628fcb.jpg


天気予報では曇り時々雨だったのですが、どんどん晴れてまいりました。
これは嬉しい誤算ということで、途中の伊豆高原駅で下車、185系に別れを告げて、大室山にやってまいりました。


IMG_7741_2020101710285519b.jpg


リフトに乗って山頂を目指します。


IMG_7743.jpg


大室山は火山なので山頂には噴火口があって、噴火口の中はアーチェリー場になっていますが、我々は時間も限られているので、噴火口の中には降りませんでした。


IMG_7744_20201017102858fa9.jpg


そして噴火口の反対側は海一望、まさに絶景です。


IMG_7745.jpg


日頃の行いが良いからか、なんと富士山も見えましたぁ。


IMG_7749_20201017102901c0a.jpg


富士山の反対側には伊豆大島も望めます。


IMG_7755.jpg


せっかく山頂まで来たのですから、噴火口の縁に沿って「お鉢周り」をすることにしました。


IMG_7757_20201017102904080.jpg


1周は約1キロですが、素晴らしい眺めで爽快感抜群です。


IMG_7759_20201017102906f4c.jpg


噴火口越しに見る富士山の眺め、、、


IMG_7760_20201017102907304.jpg


非日常感を満喫するのにうってつけです。


IMG_7765_20201017102909cb3.jpg


今日は視程も良く、水平線上に房総半島まで望むことができました。


IMG_7774_20201017103318e4e.jpg


リフトで山を下りまして、、、


IMG_7777_202010171033204b0.jpg


伊豆高原駅から伊豆急の各駅停車に乗って伊豆急下田まで、、、車両は元東急の8000系です。


IMG_7781_2020101710332101e.jpg


片瀬白田〜伊豆稲取の間は海が眼前に迫って、伊豆大島や、、、


IMG_7783_202010171033231bc.jpg


利島を望むことができました。


IMG_7784.jpg


終点の伊豆急下田についた我々は、駅から徒歩数分の「いし塚」というお蕎麦屋さんに行きました。


IMG_7785_2020101710332644c.jpg


揚げ蕎麦をアテにビールをいただくという至福の時間、、、


IMG_7786_20201017103327bda.jpg


蕎麦豆腐のアテには美味しい地酒をチビチビスイスイといただき、至福度はさらに深まります。


IMG_7791_20201017103329edc.jpg


そして美味しいお蕎麦に舌も心も大満足するのでした。


IMG_7792.jpg


このお店の特筆すべきは、山葵、大根おろし、刻み葱という通常の薬味以外に、独特な七味唐辛子(海苔入り)を蕎麦に合わせていただくことですが、これがまた素晴らしく美味しいこと。
思わず自分のお土産用に買っちゃいました。


IMG_7794_2020101710333241b.jpg


食後はそのまま伊豆急下田駅にとって返しまして、今度はE261系「サフィール踊り子2号」東京行きに乗り込みます。


IMG_7798_20201017103625de5.jpg


先ほどの185系が「昭和の踊り子」なら、今年3月デビューの最新車輌E261系は「令和の踊り子」です。


IMG_7801_2020101710362714e.jpg


往路にも増して奮発した復路は、6人用個室の2人使用であります。


IMG_7805_20201017103628bd8.jpg


天窓のような明かり取り窓は側廊下にもあって、とても明るいナイスな雰囲気です。


IMG_7808_20201017103630930.jpg


洗面台も自動水栓の現代版ですし、、、


IMG_7809_20201017103631838.jpg


トイレもウォシュレット完備で言うことなしです。


IMG_7810_20201017103633b9a.jpg


広い側窓からは大海原がど〜んと飛び込んでまいります。


IMG_7817.jpg


こんな素敵な個室が、一部の人にしか買えない超高額商品ではなく、通常料金で設定されていること、しかも駅のみどりの窓口で普通に切符として買えることの素晴らしさ、、、


121181748_1247559252288397_8719278802056778787_n.jpg


この専有スペースの広さを考えたら、これは破格の低価格と言って良いでしょう。


IMG_7823_20201017103636523.jpg


この列車には食堂車(ヌードルバー)もあって、インスタントではない、ちゃんとしたラーメンを提供しているのもポイントで、個室ならばデリバリーもしてくれます。


IMG_7827_20201017103637b9c.jpg


しかも、観光列車なのに価格は¥650というのもまた良心的と思うものです。


IMG_7830_20201017104142acd.jpg


せっかくなので地ビールの「反射炉ビール」もデリバリーしてもらいましたが、これまた素晴らしいサービスですあります。


IMG_7833_20201017104144a5e.jpg


このE261系は、窓ガラスの色が工夫されていて、海と空の青がちゃんと綺麗に映るようになっていて、視覚的にはもちろん、室内に射し込む光線環境も最高です。


IMG_7834_20201017104145c51.jpg


旅の終わりの記念に、ということで、綺麗で親切なアテンダントのお姉さんに、写真を撮ってもらいました。


IMG_7838_20201017104147fab.jpg


熱海を過ぎると次は横浜まで止まりません。
子供の頃からそうなのですが、往路の特急が藤沢駅を通過する瞬間はとっても嬉しくてワクワクするのですが、復路の特急が藤沢駅を通過する時は非常に寂しくなるんです、、、今日もそうでした。

横浜から東海道線のE231系普通列車(もちろん普通車)で折り返して藤沢に戻ってきました。
夕食はどこにしようかということになりましたが、、、


IMG_7842_2020101710414852f.jpg


嫁さんの希望で「古久家」になりました。
ここぞ昭和感がバリバリに満ち溢れる店内であります。


IMG_7846_20201017104150179.jpg


ビールのアテには焼きそばでしょう、、、ここの焼きそばにはしっかりお酢をかけるのがポイント。


IMG_7847.jpg


さらにはサンマーメン、、、もうね、どんだけ麺類ばかりなんだっていう。。。


IMG_7849_20201017104153ffe.jpg


朝から効率よく移動と観光をして、昭和と令和の踊り子を両方堪能して、有意義な1日でありました〜。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.