FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
帰国しますた
2013年02月14日 (木) 21:22 | 編集

日本に帰ってまいりました。
朝の6時5分に成田空港にランディング。
11時ちょい前に帰宅いたしました。

いつも海外旅行といえば、留守中に貯まりに貯まったメールをチェックすることから始まるのですが、今回の旅行では初めての試みとして、パソコンを海外に持って行ってみました。
そのためメールチェックは、昨日の昼から今日の帰宅までの丁度1日分だけで済み、時間の大幅な節約に成功。
パソコンを持っていったため、現地で撮った写真の整理も現地で毎日行っておりましたので、こちらも楽チン。ブログの更新も現地で毎日行っておりましたので、今日も通常営業です。

このように書くと、良いことづくめのようですが、持参したパソコンは「MacBook Air」ですので相当に軽いものの、それでもやはり荷物は重くなり、移動中も何かと気を遣います。
あとは何と言っても、海外旅行中に毎日の日常生活の現実を(一部仕事も)持ち込むこととなり、海外旅行の大きな目的のひとつである「非日常&現実逃避」によるリフレッシュ効果が弱まることが危惧されました。

そんなわけで、今回パソコンを持って行くかどうかは相当悩んだのですが、試験的にやってみたというわけです。
果たして、現地では仕事に関するメールのやりとりも相当数行いまして、先方に対する迷惑を軽減することが出来たと思います。
その反面、現地でボ〜っとしている時間が激減しました。ボ〜っとする時間って思いのほか大切なんだということが判りました。
普段、診療室で行っていることの一部を持ち込んでいるわけですから当たり前なのですが、チョイチョイと現実に引き戻される感じはかなりありますね。

さて、午後は意を決して診療室へ。
留守電とFAXと郵便物が貯まりに貯まっているはずで、これを整理するのが帰国後の憂鬱なイベントです。
果たして当然のように溜まっておりましたが、留守電は無言のものが多く、割と拍子抜け。明日は電話がジャンジャンかかってくることが予想されますね。
しかし、今回はパソコンを持っていったことにより、診療室での滞在時間は大幅に減少。余った時間は身体を休めることに使うことが出来ました。

今後、海外旅行にパソコンを持ち込むかどうかですが、、、
う〜ん、この選択、相当に難しいところです。

あ、そうそう。
当然のやうに、本日は休肝日といたしました。


DSCF2462_20130215083716.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.