FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
結構厄介なシロモノ
2012年10月12日 (金) 23:35 | 編集
 
水曜日に声帯麻痺が見つかって、正確には反回神経麻痺というのですが、コレが結構厄介な代物であることが判りました。
声帯の動きを司っているのが反回神経という神経で、この反回神経は脳幹から枝分かれして頭蓋内から下降しますが、一度そのまま声帯の横を素通りし、胸郭(きょうかく)内に入り、左側では大動脈弓、右側では鎖骨(さこつ)下動脈の部分で折れ返り、食道の両脇をたどって上行し、甲状腺の裏側を通ったあとに声帯の筋肉を支配するという独特の走行をしています。

そういえば昔、解剖で習ったっけ。。。

そのため、その経路のどこで障害が起こっても反回神経麻痺が発生します。 脳幹付近では頸静脈孔(けいじょうみゃくこう)腫瘍、頸部では甲状腺腫瘍、胸部では肺がん、食道がん、縦隔(じゅうかく)腫瘍、乳がんなどの縦隔リンパ節転移、弓部大動脈瘤(りゅう)などによって、反回神経麻痺が起こります。
したがって、反回神経麻痺と診断された場合には、原因を徹底的に検索する必要があります。

そんなわけで、たまたま9月の末に藤沢市の肺がん検診を受けていたので、その結果を聞きに行きました。レントゲン所見では異常なしでしたが、胸部X線写真では診断に限界があるため、精密検査を受けることになりました。
ま、当然っちゃ当然ですわなぁ。


で、仕事終わりで口腔保健センターへ。
今夜は地域保健部の定例部会です。

会議終了後は「かつも」でお食事。
バジルつくねが馬〜。


DSCF1569.jpg


2軒目は「B♭」です。


DSCF1572.jpg


ちなみに1時半に撤収。
まぁ予定通りっちゃ予定通りでありました。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.