FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
症例発表とあるのに研究発表とは?
2012年02月11日 (土) 22:59 | 編集
 
『お詫び』
 この日の記事(2012年2月11日付け)を読まれた読者の方々が非常に不快な思いをなさったことを、半年以上経った本日に知ることとなりました。本当に申し訳ありませんでした。謹んでお詫びをいたします。
 言い訳がましくなってしまい恐縮ですが、本文でも書きましたとおり、当日のプログラムでは「症例発表」となっているのにも関わらず、9大学中4大学の先生が「症例」ではなく「研究」の発表をされていたことに対し、違和感を覚えたわけですが、そのことについての物言いが非常に自分勝手な表現方法で配慮を欠いた文章になってしまいました。私が知り得ないところで、何らかのやむにやまれぬ事情があって「症例発表」が「研究発表」になった可能性が大いにありますのに、そのことを一切考慮せず、非常に身勝手な見解を掲載してしまい、本当に申し訳ありませんでした。
 また、過去に書いた文章とはいえ、本日御指摘を受けて読み返しますと、発表された先生方への敬意を欠いた甚だ不適切かつ下品な文章となっていることを痛感いたします。発表者および関係者の方々の心情など全く考慮せずに文章を綴ってしまったことを猛省しているところであります。
 特に御指摘をいただいた「各大学の歯周病学講座内の若手を中心とした層の臨床レベルが窺い知れるような気がしました。」の部分は不適切の極みであり、今さらではありますが自分を大いに恥じているところであります。
 書き込みをいただいた先生、このたびは的確な御指摘をいただき、ありがとうございました。自分の浅はかさに気づくことが出来ました。
 そして、発表された先生方をはじめとする大学関係者の方々、学会関係者の方々に心よりお詫び申し上げます。

2012年11月9日 茂木信道





今日は祝日ですが、怒濤の7時起きで朝も早よから東京まで行ってきました。
↓この風景といえば、そう、御茶ノ水でありんす。


DSCF9669.jpg


目的地は東京医科歯科大学です。


DSCF9656.jpg


会場は新しく出来た、このMDタワー。


DSCF9657.jpg


今日は「第1回 日本歯周病学会関東9大学 日本臨床歯周病学会関東支部 合同研修会」というものに出席してきました。


DSCF9658.jpg


とにかく立派な施設です。


DSCF9662.jpg


建物内には充実したな図書館も。。。


DSCF9666.jpg


最上階の26回からはスカイツリーも見える絶景!


DSCF9670.jpg


なんじゃぁこの豪華な展望ラウンジは。。。溜息。


DSCF9672.jpg


東京ドームも臨めまっせ。


DSCF9674.jpg


地域保健部で一緒のAMM先生は座長で大活躍。


DSCF9678.jpg


とにかく立派なホールですわ。税金を使えるって凄い!


DSCF9680.jpg


さて、肝心の内容ですが、特別講演2題の前に、関東9大学から若手の先生が1人ずつ、そして日本臨床歯周病学会員から開業医の若手の先生が1人、計10名の先生が症例発表をされました。
違和感を覚えたのは「症例発表」となっているのにも関わらず、9大学中4大学の先生が「症例」ではなく「研究」の発表をしたということです。もしかして、発表出来るような症例を持っていないということ?、、、などと穿った見方をしてしまいます。
そもそも今回は記念すべき「第1回」ですから、当然、各大学とも若手の中でもエース級が出てくるはずですよね、、、
教授や准教授などのベテランスタッフのレベルはまた別として、各大学の歯周病学講座内の若手を中心とした層の臨床レベルが窺い知れるような気がしました。


さて、終了後は上大岡に移動してがちま家というお店に行きました。

泡盛が馬~。


DSCF9682.jpg


いや~良い店でした。機会があったらまた来たいです。

HDK先輩とKNK後輩との3ショット!


DSCF9685.jpg


久々にこのメンツで飲むと楽しいやね~。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
>各大学の歯周病学講座内の若手を中心とした層の臨床レベルが窺い知れるような気がしました。
僕はこの書き込みを見てあなたのレベルが窺いしれるような気がしましたが
2012/11/09(金) 18:16 | URL | 某 #-[編集]
はじめに、このたびは不快な思いをなさったことと存じます。本当に申し訳ありません。お詫びいたします。
言い訳がましくなってしまいますが、本文にも書きましたとおり、当日のプログラムでは「症例発表」となっているのにも関わらず、9大学中4大学の先生が「症例」ではなく「研究」の発表をされていたので、違和感を感じたのは正直なところです。しかし、私が知る由もない何らかの事情があって「症例発表」が「研究発表」になった可能性があります。本当に申し訳ありませんでした。
過去に書いた文章とはいえ、御指摘を受けて今になって読み返しますと、発表された先生方への敬意を欠いた不適切な文章となっていることを痛感いたします。
特に御指摘の「各大学の歯周病学講座内の若手を中心とした層の臨床レベルが窺い知れるような気がしました。」の部分は不適切の極みであり、今さらではありますが大いに自分を恥じているところであります。
このたびは御指摘いただき、ありがとうございました。自分の浅はかさに気づくことが出来ました。
発表された先生方をはじめ大学関係者の方々、学会関係者の方々に心よりお詫び申し上げます。
2012/11/09(金) 18:43 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.