FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
お仕事再開~旅行雑感
2011年11月25日 (金) 21:14 | 編集
 
今日から仕事再開です。
恐れていた急患の方の大量発生もなく、午前午後1名ずつでした。
その他の診療も順調に推移、、、いや~ひと安心です。


さて、今回のプーケットへの慰安旅行で感じたことを列挙したいと思います。

オフシーズンにも関わらず、日本人が意外に多かった。(いつもが少なすぎるんですけどネ)
韓国人と中国人が激減!、、、特にあれほど流れていたK-POPが全く流れていない。
ヨーロッパ人が減少傾向、それに対してオーストラリア人が増加傾向。

日本人に関しては、要するに空前の円高だからですかね。
これで洪水の風評がなければもっと多かったかも。

韓国人に関してはウォン安の影響ですね。それから洪水の風評は日本人以上にテキメンでしょうね。あの国は極端だから。
K-POPに関しては、韓国政府の政策で流していたというのもあるだろうし、現地の人が日本の曲と勘違いして流していたというのもあるだろうし、、、とにかく今回は皆無でした。

中国人は、、、単に洪水の風評でしょうね。

ヨーロッパ人と豪州人に関しては、もうこれは完全に経済状況にまつわる影響ですナ。

そして、ヒト以外では、、、
テレビモニターはもう、、、サムスンばかり、、、あとはLG。もはや韓国の1人勝ち状態。
まぁ以前は、何処に行ってもソニーとパナソニックでしたからね。
クルマとバイクは未だに殆どが日本車ですけど。

あとは、航空会社、、、
シンガポール航空は確かに素晴らしいけど、完全無欠のサービスを目指す同社より、ちょっと抜けているけどフレンドリーなタイ国際航空の方が好感度が高いのは相変わらずです。
まぁそもそも「完全無欠」なんてのは有り得ないわけで、ましてやエコノミークラスでは逆立ちしても絶対無理なわけで、だとすれば、表面上のウヤウヤしいサービスよりも、フレンドリーなサービスの方が勝る局面というのは、十分に有り得るわけですね。
いたずらにホテルのレストランっぽいモノを目指すよりも、気の利いた定食屋っぽいサービスの方が、エコノミークラスであれば勝機あり。
これは歯科医院にも通じますわな。

最後に、タイの人のおおらかさと笑顔。
これはいつ行っても素晴らしいです。
ウチのスタッフにもこれを学んでほしかったわけですが、どうやら目論見通り。
シメシメ。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.