FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
これが30年前とはオドロキです
2010年01月09日 (土) 22:04 | 編集
昨日、当時の沢田研二さんがマジで格好良かったと書いておきながら、動画をアップするのを忘れておりました。
当時のジュリーは何を歌わせても本当にカッコよかったのですが、今こうして、あらためて視ると、いや~大したもんですわ。





↑これ、30年前ですからねぇ、、、凄いセンスですよねぇ。

おいらの個人的趣味では、曲に関しては「勝手にしやがれ」の編曲が大好きでして、、、当時の歌番組の生バンドの演奏でもチープにならずに十分カッコ良く聴かすことができるアレンジで、本当に凄いと思いますです。

歌詞に関しては、「サムライ」の『片手にピストル、心に花束、唇に火の酒、背中に人生を、、、』の意味が何となく身に染みて解るようになってきて、大人になってから好きになりました。
阿久悠恐るべしです。

そして何と言っても、ジュリーの場合は、歌唱力云々というよりも、とにかく艶があって華やかな声が印象的でした。
派手な曲が本当に似合いましたよね~。


↓せっかくなので、もうひとつup。








関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
沢田さんについて
カサブランカダンディのころは、まだ、学生でした。あれから、数十年たったのだけど、かっこいいですね!ほれぼれーです。
最近、ブログに沢田さんの言葉がちらっとでてくる…沢田さんはすごーく謙虚な方ではないのかな?
人柄もいいかもしれな、素敵ですよね。今年は、がんばってほしいです。
2010/01/11(月) 11:36 | URL | hiromi #hurAyYjo[編集]
おいらは中学生でしたが、学校で水を吹きまくって先生から怒られました、、、
綺麗に霧状に吹くのって、初心者には意外と難しいんですよね~。
2010/01/11(月) 11:58 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
通りすがりですが…
>当時の歌番組の生バンドの演奏

ということですが、ちょい訂正を。

この当時、ジュリーのバックバンドは井上堯之バンド。この歌を作曲した大野克夫さんは、むかって右側のキーボードの人だと思います。
太陽にほえろの井上さんや名探偵コナンの大野さんの演奏なんてすごく贅沢な時代。井上さんは引退されたので、この組み合わせが二度とないと思うとさみしいです。
2010/01/13(水) 18:10 | URL | ぬこ #-[編集]
そうですね。誤解の多い表現で申し訳ありませんでした。いわゆるダン池田とニューブリード等とかの演奏ではなく、当時のジュリーのバックは井上バンドが専属でした。
ショーケンが事実上脱退した後のPYGの流れそのままで、当時の歌謡界の中では本当に贅沢でありましたね。
「チープにならずに」と書いたのはあくまでもレコードの音と比較しても、例えばストリングスがなくても大野克夫氏のオルガンで十分チープにならずに聴ける編曲であり、まさに船山元基氏の面目躍如であったという意味です。
ちなみに動画の中のホーンセクションにはスペクトラムの新田一郎もいたりなんかして、いやはやなんとも贅沢な布陣でありますね。
2010/01/13(水) 21:56 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.