FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
ガラにもなく民主党を心配するおいら
2009年09月15日 (火) 22:32 | 編集
おいおい、、、
亀井静香が郵政担当相ですか???

さすがのおいらも驚いた、、、

国民新党と社民党に配慮するのも来年の参院選までとはいえ、、、

それにしたって、4年前の郵政選挙はどうなるの?

当時、「これは郵政解散です!」とぶちあげて衆院選圧勝、、、
郵政以外の重要法案も数の勢いにまかせ、なし崩し的に通したということもあって、それが小泉改革の弊害だという理屈は解ります。
でも、郵政民営化だけは別でしょ、、、国民の圧倒的支持が明確だったわけだから。
まさかしないとは思うけど、郵政改革を完全に振り出しに戻すなんてことをしたら、、、さすがに、ねぇ。


でもね、視点を変えると、、、
人間、信念を曲げないことは重要ですね。
思わぬカタチでポストがまわってきますからね。
当時、郵政改革なんてしたくもなかったくせに、表向きだけ賛成していた人達の末路と比べちゃいますもの。
やはり中途半端はいけません(笑)。


さて、個人的な興味は厚生労働大臣ポストです。
ミスター年金こと長妻さんが厚労相になるのかどうか。。。

心配なのは新型インフル対策でヘタを打つと、半年持たずに辞任、、、なんてことになりませんかね?
肝心の年金問題にメスを入れる前に失脚、、、なんてことが十分に考えられるんですけど。
そもそも相手はウイルスですから、誰が大臣になろうとインフル対策を完璧に出来る可能性の方が低いと思うんです。

小沢さんのことだから、最初の厚労相を敢えて別の人にするかもと思っていましたが、、、
でもそれじゃ「当て馬」になっちゃうから、党内のコンセンサスは得られないだろうし無理か。


民主党の当面の敵はインフルエンザかも。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
閣僚18人の平均年齢61歳。麻生内閣当初は58歳。旧社会の輿石氏、横路氏をうまくウッチャリ、まあそつない派閥均衡内閣ですね。亀井氏には驚きです。この内閣は郵政民営化反対、改革逆行(反小泉)内閣ですね。何党であれ外交、経済、教育。。。と道を誤ることなく!私は自分で郵便局に行くことが多いのですが、役所時代に比べて格段にサービスがよくなりましたが。。。
2009/09/16(水) 16:24 | URL | MTI #-[編集]
郵便局のサービス、確かに良くなりましたね。
JRでもそうですけど、間違いなく首都圏等ではサービスが良くなりました。
問題は地方ですね。地方と言っても、都市部(例えば仙台近郊とか)ではサービスが良くなっています。
本当に問題な地方とは、新幹線の通らない県の特急停車駅以外や、新幹線は通っていても新幹線の駅からから離れた地域です。JR発足から20年かけて着実に、かなりの減量&間引きが行われました。さらには新幹線建設と引き換えに併行在来線が第3セクター化された地域、、、これはもう最悪です。
郵政民営化も20年後はどうなっているか、、、鉄道との単純比較は出来ませんが、、、
2009/09/17(木) 01:44 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.