FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
最終講義を聴講して
2021年03月18日 (木) 22:23 | 編集
 
昨日(3月17日)の水曜の夕方〜夜に、おいらの旧職場(神奈川歯科大学口腔機能修復学講座歯周病学分野)の先輩である田村先生の最終講義があったので聴講させていただきました。
田村先生は、おいらが歯科医師になりたて(1990年)の社会人1年目の時に11年目、ちょうど10年上の先輩で、当時は講座長を勤められておりました。

その頃はまだ歯周病治療の概念が日本の歯科医師に浸透しているとは言えず、大学病院内においても浸透していないどころか、他科においては一部のドクターを除いて理解すらされていませんでした。
そんな状況下、田村先生は講座の臨床レベルを高めることに尽力され、ご自身の臨床に取り組む姿勢を後輩にしっかりハッキリ解りやすく見せることで、神奈川歯科大学の歯周病治療を引っ張っておられました。
ロックの世界ではビートルズ前とビートルズ後では大きく変わった、、、マンガの世界だと手塚治虫の前と後では全然ちがう、、、同じように神奈川歯科大学の歯周病治療も「田村前」と「田村後」で大きく異なる、、、そう言って過言ではないと思います。
旧職場で田村先生に叩き込まれた臨床に取り組むその姿勢、そのスタンスは、今でも変わらぬおいらの心の中の宝物です。
昨日の最終講義を聴講していると、昔どこかで見た症例も出てきたりして、懐かしい気持ちにもなり、もちろん最新の知見も散りばめられており、感慨深いものがありました。

それにしても田村先生が定年だなんて、時の流れを痛感せざるを得ないわけですが、本来なら実際に講義されている教室に行って、生で聴講したかった、、、コロナ禍のせいで、オンライン講義となってしまったことは口惜しいですが、この場を借りてお礼をしたいと思います。

田村先生ありがとうございました。
40年間お疲れ様でした。
まだまだ続くご活躍、期待しております。



スポンサーサイト



涙の春一番
2021年02月04日 (木) 22:24 | 編集
 
開業以来、永年連れ添って共に歩んで来た戦友が昨年末にちょっと体調を崩したと思ったら、あれよあれよという間に病状が進行してしまって、一昨日の夜にお別れすることになりまして、、、代わりに来た新しい戦友は今どきな感じで良いのでしょうけど、妙に気難しくて何かと主張してくるのでこちらも気を遣ってしまい、心が疲れます、、、ついこの前まで阿吽の呼吸で出来ていたことが今となっては懐かしい、、、いやね、当院のデジタルX線システムの新旧交代劇の話です。

今日(2月4日)の関東地方は、統計を取り始めた1951年以降、最も早く春一番が吹きました。
そもそも「春一番」とは、立春を過ぎて春分の日までに北日本(北海道・東北)と沖縄を除く地域に吹く南寄りの強風のことで、過去の最早記録は1988年の2月5日、最晩記録は1972年の3月20日です。
そもそも今年は124年ぶりに立春が2月3日に早まったということで、統計を取り始めてからまだ70年ですから、最早記録となるのも当然です。
なんせスタートラインが例年より1日前なんですから、ズルいっちゃズルいわけですよ。
今回の記録を破るためには、今年のような節分〜立春が例年より早い年に、しかも立春の当日に吹くしかありませんので、難易度が異常に高いことになります。2013年のマー君、田中将大投手の24勝0敗1セーブ、防御率1.27みたいなもんですわ。
ちなみに最晩記録の1972年の3月20日は春分の日当日でした。

そんな春一番が吹き荒ぶ中、お昼に診療室を抜けさせていただき、口腔保健センターに行って、障害者歯科診療の当番をしてきました。
当番終わりで血液検査を受けて、その足で診療室に舞い戻ってきまして、夜7時からはメーカーさんに新しいX線システムのレクチャーをしていただきました。

夜8時過ぎにレクチャーが終わった後は残務整理、、、その後は市役所から昨日受け取ってきた宿題の束と格闘しようと思いましたが、気力が追いつきません。
昨日今日と新しい戦友への対応で手一杯となり、宿題もほんの少し手をつけただけ、、、あ〜、心が疲弊しておりますなぁ。

思えば開業以来、20年弱にわたり大きな故障もなく働き続け、業務を支えてくれました。
旅立った一昨日も体調不良の中、健気にいくつもの仕事をこなしてくれました。
なのにその夜、あっという間に解体されて廃棄されてしまって、気づけばおいらの前から姿を消していました。
今思えば、最後に一緒に記念写真など一枚撮っておけば良かったと、、、妙にセンチになっております。



天気予報と歯科治療
2021年01月25日 (月) 22:24 | 編集
 
天気予報と歯科治療の意外な?共通点、、、昨日の記事を書いた後にふと思ったんですけどね。
お気楽な素人のおいらと違ってプロの気象予報士さんは責任ある立場なので「悪い方向にハズすくらいなら良い方向にハズそうと考えるのは至極当然」と書きました。
ましてやTVのニュース番組の天気予報では、その情報に基づいて翌日の行動を決める人が少なくありませんからね、「雪は降ってもおそらく積もらないでしょう」などと言って積もってしまったら「苦情の嵐」なのは想像に難くありません。

おいらが歯医者になったのは1990年の6月ですから、足掛け2世紀にわたって、もう30年が経ちました。
20世紀の頃は、痛み等で困っている患者さんを治療した際に、8〜9割の確率で改善するだろうと思われたなら「これで大丈夫、良くなりますよ」と言っておりました。
当時は、改善しない可能性が1〜2割あっても「大丈夫ですよ」と言える時代でもありました。
実際に、患者さんは出来れば「大丈夫」と言って欲しいわけで、主治医には自信を持って治療に当たって欲しいわけで、ほとんどの場合で大丈夫なわけですし、そうした方が患者さんの満足度も高く精神衛生的にも良好で、患者さんとの関係性は良くなり、その後の診療もスムーズに効率良く進むことを、経験上痛感していたからです。
残念ながら治療の結果が思うように良くならなかった時は、もちろん全力でフォローし、なんとか良くなる方向に最善の努力を約束させてもらっていたことは言うまでもありません。
しかし21世紀になり、8〜9割の確率で改善するだろうと思われる場合でも、1〜2割の残念な可能性についても言及しなくてはならなくなってゆきました。
近年では1%にも満たない「最悪なケース」についても事前に言っておかなければなりません。

全国的にはまだ「万が一のことまでは事前に説明しない」というドクターもいるでしょう。
もちろん地域性や土地柄による差というのはあると思いますが、医療に関して世の中が変わってきた方向性という意味では共通しているはずです。

20世紀当時は「インフォームドコンセント」と言う用語こそ周知されていたものの、歯科の臨床現場での運用は人間対人間の信頼関係、ぶっちゃけて言えば「相性」で行われていた面もあり、良くも悪くもファジーで、良くも悪くも暖か味があるものでした。
しかし21世紀になってからは、インフォームドコンセントは必須となり、今やインフォームドコンセントという言葉などいちいち持ち出すまでもない大前提のことになっています。

基本的には、良いことも悪いことも患者さんは両方の全てを知る権利があり、すべてを知った上で納得して治療を受けるのは当然のことです。
しかしそれが周知徹底されたことで、患者さんからの理不尽なクレームが減ったかといえばそうではなく、むしろ増えているというのは皮肉で、これは歯科医療の世界だけの問題ではなく、日本の社会全体の問題であると思うものです。

そんなわけで、気象予報士さんが「思った通りの予想を言える世の中」になってくれるといいなぁ、、、と思いつつ、でも「大丈夫でしょう」と言って災害が起きちゃったら大問題になるでしょうから、、、、、無理ですね。。。


job_kisyou_yohou.png



歯科診療の延期
2020年12月26日 (土) 22:23 | 編集

「1日の感染者数過去最多!」「月曜日としては過去最多!」こんな報道が連日なされ、国民の不安が煽られ続けると、やはり当院でもまたキャンセルが増えてきました。
さすがに第1波の時のマスコミによる「歯医者で治療を受けると新コロに感染する危険性大!」のようなネガキャンは行われていないので、7〜8割減とかはありませんが。

歯科診療の中でも、特に歯周病治療において「メインテナンス=定期検診」と認識されている方が多く、苦慮しています。
メインテナンスは歯周病を再発〜悪化させないために計画的に行われるもので、検診や健診とは異なります。

新型コロナを警戒するあまり、治療やメインテナンスを中断し、口腔内状況が悪化した事例は枚挙に暇がありません。
中には壊滅的状況になるまで受診しなかったケースもあり、患者さん本人は大変だし、治療する我々も大変だし、歯科関連では新コロで誰も得をしませんね。

今後も新型コロナに対し必要なアクションは取るべきです。
しかし一方で、そのアクションがどれだけの効果を生んだのか、どれだけのことが犠牲になったのかについては、きちんと検討し検証されなくてはいけません。
1を救うために100を失うようなことがあれば、それは本末転倒です。
今年の春に我が国で起きた「歯科受診の延期」というアクションは、間違いなく健康を損ない未来の命を奪う、極めてハイリスクなアクションでした。



今だから言える愚痴を少々・・・
2020年10月19日 (月) 22:24 | 編集
 
当院の患者さんは良い人ばかりなので、待合室に置いてある備品の盗難とかはありません。
待合室に置いてある本や雑誌の盗難は、過去に1冊しかありません。
ただ、開業当初は「雑誌のページが一部破られている」というのを発見したことが何度もありました。
そういうのは大概のケースで、飲食店の情報だったり、料理のレシピだったりします。
当院が開業した頃(21世紀になったばかり)って、今のように誰でもスマホを持ち歩いていたわけではないので、今だったらその場でページの写真を撮るんでしょうけど、その頃はマナーの悪い患者さんだとビリっと破いちゃうんでしょうね。

そういえば、当時勤務していた若いドクターが、気を利かせたつもりで「雑誌に織り込まれている付録(例えばCDとか)を予め切り取って外しておく」なんてことをしてくれたんですけど、そうすると、その雑誌は被害が増えるんです。
人間の心理って、面白いですよね。
まさに逆効果ということで「やらなくていいよ」と言うと、納得いかない様子でした。

あと、やはり開業当初って、タチの悪い患者さんの割合が多いんですよ。
いわゆるタチの悪い患者さんってのは、しょっちゅう歯科医院を変える傾向にあって、しかも開業して間もない新しい歯科医院を選ぶケースが多いようなので、開業してしばらくはタチの悪い人が結構来るらしいですね。
そういえば、開業してからの数年間、待合室のゴミ箱にコンビニ弁当のプラ容器が食い残し状態で捨ててあったりとか、、、今じゃ考えられないですけどね。

ちなみに、当院が患者さんから受けた損害で金額として最も大きかったのは、ジーンズのお尻部分に付けたウォレットチェーン(ズボンと財布をつなぐジャラジャラした金属製の鎖)によるものでした。
ウォレットチェーンを付けたままユニット(治療の椅子)に座ったものですから、座面の合成皮革が小さく破れちゃったんですね。
で、その破れは日に日に大きくなり、仕方なく張り替えたんですけど、費用は十万円以上かかりました。
もちろん、その患者さんは悪気があってやったわけじゃないし、来院しなくなって久しい(カルテも廃棄済み)ですけど、あれは当方が泣く以外になかった事例で、被害額も予想外に大きく、患者さんも別に大したことじゃないと思ったようで、シレッと「あ〜すみません」って感じで、、、ツラかったですねぇ。。。

ま、逆にいえば、せいぜいそのくらいで済んでいるわけで、ヨシとしますかね。
長い目で見れば、物損より心損の方がダメージでかいですもん。



せやねん
2020年09月18日 (金) 22:26 | 編集
 
ここにきて、コロナ禍で治療やメインテナンス(SPT)を中断していた患者さんが、トラブル発生のため久しぶりに来院されるケースが増えてきています。
当然のように、本来行うべき治療やメインテナンスがなされていないわけですから、口腔内の状況は深刻な場合が多いです。
特に、普通だったら異変を感じてすぐ受診していたようなケースでも、コロナが怖くて受診を控えていたために、状況はさらに悪化し、ついにどうしようもなくなって来院した、というケースも少なくありません。
新型コロナ騒ぎが始まる前から来院が途絶えており、口腔内に問題が生じていたにもかかわらず、コロナ禍のせいで来院できずに放置していたというケースだと、口腔内は惨憺たる状況で、どこから着手すれば良いのか迷うようなケースもあります。
今年の3月〜6月頃に「歯医者に行くと新型コロナに感染する危険性大」と吹聴したマスコミと、それに加担して国民の不安を煽った一部の歯科関係者に対しては、怒りの感情を禁じ得ないわけですけど、患者さんに言わせれば「もう本当に怖くて外出できませんでした」とか「家族が外出さてくれなくて」とか、、、まぁなんと言いますか、結局は皆が被害者で、コロナ禍で得をした人ってのは、世の中のほんの一握りなんだろうなぁ、、、と思うものです。

さて、今夜は神戸在住の我が良き友から貰ったラーメンを嫁さんと一緒にいただきました。
なんでも大阪はMBS毎日放送の人気番組「せやねん!」とエースコックのコラボ企画だそうで、せやねんメンバー考案のオリジナルワンタンメンなんだとか。


IMG_7492.jpg


スープは、牛骨の旨みがしっかり利いて、タマネギやニンニクなどの香味野菜を加えたコムタン風白湯です。
黒胡椒が多めに入っていて、滑らかな食感のワンタン、香ばしい胡麻、、、こりゃ美味い美味い。
なんで関東にはこの手の味付けのラーメンって売っていないんだろ。。。



今一度嚙みしめようと思います
2020年08月30日 (日) 22:20 | 編集
 
今日の日曜日も良い天気で暑い1日でしたね。
午前中に海岸をチョロっとランニングをしたのですが、BBQをする人たちがたくさん、、、8月最後の日曜日ですからね、そういう気分になりますよね。

さて、2012年6月のことですが、ネット検索をしていて、日本歯科医師会雑誌2006年9月号掲載の記事を見つけて、気になる内容だったので保存してありました。
山口建静岡がんセンター総長、大久保日本歯科医師会会長、河合隼人文化庁長官による座談会なのですが、「エビデンス至上主義」「文献至上主義」に対して的確な言葉で警鐘を鳴らしておられます。
当時、「今から6年前の古い記事ですが、今でも重く心に響きます」と感想を書いたのですが、さらに8年が経過し、14年後となった今、自分も55歳になったこともあって、さらに心に重く響きます。

山口「科学としての医学という分野にだけ注目しても、EBM(エビデンス・ベースド・メデイシン)は始まったばかり。医療はおろか、科学としての医学に限っても、エビデンスは不十分で、真理を究めるレベルにはとても達していません。そういう中で、エビデンスがなければ医学や医療ではない、という誤った考えが強調されるきらいがあります。経験的に正しいと考えられることを軽視しすぎてしまうのです。」

大久保「科学信仰になってはまずい、イデオロギーになってはまずいということですね。」

河合「科学がイデオロギーになると困る。科学は事実ですから。」

山口「真理を追究する科学としての医学は正しい方向です。しかし、科学という言葉とは別の変な至上主義が生まれると困る。これが医療経済などに結びついても困る。だれが考えても絶対正しいこと、そして積み重ねたエビデンス、この2つで運用していく必要があると思います。これに加えて、医療となると、患者さんと医療者との間の人間関係が重要になってきます。科学としての医学を越えた分野です。」


実は、2006年頃といえば、我々の歯科業界でも何かあると、決まり文句のように「エビデンス」だ「EBM」だと言われていました。
現在でも「エビデンス」や「EBM」は何かにつけて出てくるフレーズではありますが、2006年当時は「経験則を排除」するような風潮が見られ、症例について語る時に「私の経験からすると、、、」のような言い回しをする人を小馬鹿にするような雰囲気がなかったといえば嘘になるでしょう。
奇しくもこの2006年に、自分が精巣がんの疑いということで、悶々とする日々を送った経験から、EBM偏重主義というか、経験則排除主義というか、そういうものに対して疑問を持ち始めたわけです。
米国型医療を単に模倣するというのは、決して患者さんのためにならない(少なくともこの日本ではそうです)、、、2006年のこの時のことで学びました。
2006年10月の一連のブログを読み返すと、当時の悶々とした気持ちと、患者さんとコミュニケーションをしっかり取らなきゃ、と痛感した気持ちが思い起こされます、、、日記をつけることって大切かも。



コロナの影響 地味に続くの巻
2020年06月20日 (土) 22:23 | 編集
 
今日(20日)は土曜日ということで、いつもよりも早く終業するはずだったのですが、患者さんの治療に手間取り、遅くなっちゃいました。
スタッフの皆には帰宅が遅くなって申し訳ないと共に、最後までお付き合いいただき有難うと思うものです。

本来ならば2ヶ月以上前にセットするはずだった義歯、、、コロナ禍の影響をもろに受けまして、もうすでに型は取ってあって、義歯の現物も出来上がっていたんですけど、緊急事態宣言が発出されたせいで来院できず、そのまま放置してしまったために口腔内環境も変化するわけで、すんなりといかなくなるというものです。
高齢の患者さんなので、ご本人は受診する気満々でも、やはりご家族が「心配だから歯医者なんかに行かないで」ってことになっちゃった事例、、、緊急事態宣言が発出された当時って、マスコミが「歯科医院は感染の危険性大」という印象を煽っていた時期でもありますので、まぁこれはもう無理もない、仕方ないという感じです。

患者さんにおかれましては、治療が終了していないにもかかわらず、終業時の片付けを始めさせていただいたり、申し訳ないとは思いつつ「掃除機かけさせていただいてもよろしいですか?」と訊けば快諾してくださったりと、何かと有難いことだと思うものです。

診療終わりは残務処理をいたしまして、特に今日は賃金計算の締め日だったので、スタッフの給与計算に勤しみました。
この3ヶ月というもの、診療規模縮小に伴うスタッフの自宅待機のせいで、給与計算も休業補償が絡む関係で、雇用調整助成金申請とも関連して、元々不得手な事務仕事の複雑怪奇さがマシマシで、、、ボクちゃん涙目状態でありますよ。

それでも21時過ぎには帰宅することができまして、シャワーを浴びて晩酌すれば、ストレスも発散されるというものです。
めでたしめでたし。


AS20200423001806_comm.jpg



診療規模縮小のお知らせ
2020年04月10日 (金) 22:26 | 編集
 
今週の火曜日(7日)から、当院ではスッタフの出勤を見合わせ、交替で自宅待機をしております。
当院は歯周病のメインテナンスで定期的に来院される方が多いこともあり、今般の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、予約のキャンセルが散発的に発生しておりましたが、3月末からキャンセルが急増し、緊急事態宣言の発出を受けてさらにキャンセルが増加し、今週の受診者数は通常の5割ほどとなっています。
今後はさらにキャンセルが増えることも予想されますので、医院経営上の対策として何よりもスタッフの雇用の維持、そして外出の機会を減らすことにも繋がることを鑑み、診療規模の縮小に踏み切ることにいたしました。
現在のところ、キャンセルの発生状況に合わせて前日夜に自宅待機する人数を決定しております。
そのため、当日に急患として来院された方におかれましては、対応するスタッフの数が少ないために「診療室も待合室も空いているのにお待たせしてしまう」ことも考えられます。
事情をお酌み取りいただき、どうかご容赦くださいますようお願い申し上げます。

なお、歯周病のメインテナンスは決して「不要」なものではなく、お口と全身の健康のために「必要」なものです。
しかしながら、現在、外出の自粛が要請されている状況で、歯周病のメインテナンスを受けることは、緊急性が少なく「不急の外出」に該当するケースも多いので、予約延期のご相談は遠慮なくしていただきたいと思います。
キャンセルのご連絡は、できれば前日までにしていただくと大変助かりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、一部の「特需」のような業界を除いて、世の中の経済状況はまさに「出口の見えないトンネル」です。
「経済状態が悪くなると自殺が増える」のは、避けようのない厳然たる事実です。
現在の自殺者数は年間2万人ほどですが、バブル崩壊後の就職氷河期や、リーマンショック後の経済低迷期では約3万5千人という厳しい状況でした。


83586_202004110706034a0.png


今般の新型コロナウイルスによってもたらされた経済の落ち込みは、戦後最大の危機となる可能性が高く、年間の自殺者数は4万人を超えて、5万人に迫るかもしれません。

こんな暗い話ばかり書いていると読む方も暗くなってきちゃいますよね、、、明日はもっと楽しい話題を書こうと思います。



社会の雰囲気が変わりました
2020年04月04日 (土) 22:16 | 編集
 
新型コロナウイルスの影響で、当院でも2月中旬頃からボツボツと予約のキャンセルが出ていましたが、この1週間で一気にキャンセルが増えました。
政府や東京都をはじめ各地方自治体からも不要不急の外出自粛の要請が出されていますけど、なにより志村けんさんが亡くなったことがきっかけで、社会全体の雰囲気が変わり、国民の多くが新型コロナウイルスをより怖く感じるようになった、というのが大きいような気がします。

当院の患者さんの場合、治療ではなくメインテナンスで定期的に来院される方の割合が高いのですが、メインテナンスを「不要不急」だと考える患者さんがいても不思議じゃないですものね。
実際のところ、メインテナンスが「不要」だとは思いませんが、「不急」であることはたしかです。
口腔ケアがインフルエンザの予防に有効であるというエビデンスはありますが、新型コロナウイルスに対しては現時点では不明です。

今や、いつ非常事態宣言が発出されてもおかしくない状況ですし、今後はさらにキャンセルが増えることが予想され、当院でも労働力過剰となることが見込まれますので、従業員の一部を自宅待機として、診療規模の縮小を検討することにしました。
現時点で当方から予約のキャンセルをお願いすることはありませんが、通院に不安のある方は遠慮なくご相談ください。



Powered by . / Template by sukechan.