FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
案山子
2021年01月21日 (木) 22:25 | 編集
 
今から約40年前、フォーク野郎だったおいらの当時の印象としては、歌の上手さなら松山千春、心にドスンと届く歌詞なら吉田拓郎だろって思っていました。(ちなみに吉田拓郎はメロディーメーカーとしても秀逸でアイドルへの楽曲提供など趣深し)
しかしながら、歌詞について言えば「さだまさし」という無視できない存在がおりまして、彼にしか書けない独自の詩の世界というのがあって、これはファンでなくても注目せざるを得ない部分であります。

彼の代表曲に「案山子」というのがあります。
田舎から単身で都会に出た息子を思う父(歳の離れた弟を思う兄という説もあり)の心境を綴った歌です。


iih3f0wvcpp.jpg


【元気でいるか 街には慣れたか 友達できたか 寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る】
 、、、この有名な歌い出しで始まります。
若い頃は、単に地方在住の人の親心をうまく歌った歌だなあ、という感じで聴いておりました。
ところが、自分のセガレがこの歌詞の中の息子と同年齢になった頃からは、、、
 
【お前も都会の 雪景色の中で ちょうど あの案山子の様に 寂しい思い してはいないか 身体を こわしてはいないか】
このあたりの歌詞ににグッとくるようになってしまいました。
そう、これは聴き手側が齢を重ねるに従って、受ける印象が変わってゆく歌の代表なのですね。
こんな歌詞を20代の頃に書いてしまう「さだまさし」という人の感性には畏れ入るばかりですが。

で、自分の年齢もそうですが、時代のうつろいというのは、さらに残酷で、さすがのさだまさしの詩も、現在では時代についてゆけなくなっております。

【山の麓 煙吐いて 列車が走る】
今や煙を吐く列車は観光用でしか走ってませんけどね、まぁそれは大した問題ではありませんで、、、

【手紙が無理なら 電話でもいい「金頼む」の一言でもいい】
この部分はね、、、今や完全に時代錯誤と言われちゃうでしょうね。
【手紙が無理なら電話でもいい】、、、電話なんてほんと無理、って言われちゃいそうです。
【電話が無理ならメールでもいい】になるんでしょうか、、、いやいやメールなんてやんねぇし、みたいな。
【メールが無理ならLINEでもいい「金頼む」のスタンプでもいい】ですかね。

そもそも今ならインスタグラムで案山子のコスプレして雪まみれになった写真をUPしたりなんかして、、、もう身もふたもないですな。



スポンサーサイト



不安が募ると思想も変わる?
2021年01月19日 (火) 22:22 | 編集

人の自由を奪うことに何の躊躇いも無い国民が多いことに驚く、、、「感染させる可能性のある人は全て隔離した方が、狭く見積もって取りこぼすよりマシでしょ」っていう乱暴な理屈がまかり通っておりますなぁ。。。

懲役や罰金にまで及ぶ罰則付きの法的強制措置を、将来我が国を襲う可能性がある高病原性鳥インフルエンザなどの強毒型ウイルスに対して「今のうちから国民全体で議論しておこう」と言うのならば、それは非常に有意義なことですが、、、子供や若者がバタバタと死ぬわけでもなく、低い致死率で死亡者の平均年齢も平均寿命に近いところにある疾患を俎上にあげて、入院勧告に従わなければ懲役や罰金ですか。。。

PCR検査の偽陽性はもちろんのこと、感染力が無いレベルの量のウイルスしか保持していない人にとっては、冤罪で服役させられるのと同義。

人権や個人のプライバシー、そういう概念、今の日本には無かったんでしだっけ?、、、マイナンバーカードですら持ちたがらなかったのに、新コロの話になると途端に人権無視で国の強権発動を欲しちゃうのっておかしくないですか?。
しかも今まで「安倍内閣は強権政治、安倍首相は独裁者だ」とか言って非難してきた人たちが、これに関してはフツーに賛同したりするから気味が悪い。。。



迷走 vs. 暴走
2021年01月18日 (月) 22:25 | 編集
 
一昨日の記事で、2012年の総選挙に関して「国民は結局、迷走する民主党より、暴走する自民党を選んだ」、そして「今の管政権は迷走モードに入っているようだ」という旨を書きました。

思ったんですけど、世界の指導者たちを見回しても、迷走する指導者よりは暴走する指導者の方が、国民への求心力は強いように思います。
もちろん、迷走も暴走もしないに越したことはありませんが、迷走する者からは求心力がどんどん抜けて行くのに対し、暴走する者は元々敵が多いし、次第に人心も離れては行くんだけど、最後まで「最低限の支持者は残る」んですよね。
いわゆる「暴君」と言われるレベルまで暴走しなければ、迷走するよりは遥かにマシと言えるでしょう、、、簡単な言葉で言うと「ブレない」ということですわな。

ま、そういうのを悪用して、わざと共通の敵を作り、わざと強硬姿勢をとってみせて、わざと世間からの風当たりを強めにさせて、組織内の一致団結を図り、身内の者を盲目的に自分に従わせるような「カルト宗教の教祖」みたいなのが出てくるので「要注意」なわけですけどね、、、あと「極右」といわれるのもソレのひとつですな。



迷走モードに入ったようです
2021年01月16日 (土) 22:23 | 編集

制限速度は守るけど何処に行くかわからないタクシーと、スピード違反はするけど目的地に着くタクシーだったらどっちを選ぶ?
国民は結局、迷走する民主党より、暴走する自民党を選んだんだよね、、、


maxresdefault_202101170824194c1.jpg


これはたしか、2012年12月に行われた衆院総選挙〜第2次安倍政権誕生を受けて、風刺コント集団「ニュースペーパー」のネタで語られた台詞です。
そんなわけで、今のガースー政権は昨年の12月14日以降、どうやら迷走モードの方に入ったのかな、、、、と。



悩ましいところです 本当に
2021年01月14日 (木) 22:40 | 編集
 
今月8日から始まった緊急事態宣言に伴い、当院もメインテナンスの患者さんを中心にキャンセルが増えています。
口腔内のメインテナンス、特に歯周病のメインテナンスは、ウイルス感染症の予防に効果的で、重症化を防ぐためにも中断しない方が良いのですが、、、そもそもメインテナンスと定期検診は別物なのですが、、、今の世の中の雰囲気ではなかなかそうも言えませんから、、、本当に悩ましいところです。

今夜は中学の同級生が経営する「竹波」に行ったのですけど、やはり8日の緊急事態宣言発出からは相当に暇になっちゃったようなので、皆さん是非行ってあげてくださいね〜、、、と言いたいところですが、今の世の中の雰囲気ではなかなか、、、これまた本当に悩ましいところです。

ちなみに写真の美味なる焼き魚は、なんとヒラメ、、、この分厚さ、すごいです。


IMG_8798_20210115084153c18.jpg



駅そばからグランクラスまで
2021年01月13日 (水) 22:26 | 編集
 
今日は市役所でお仕事があったのですが、合間にちゃちゃっと昼食を済ませるときに重宝するのが駅そばです。
今日は藤沢駅構内の「いろり庵きらく」に行ってみました。
実は、同じ場所に以前あった「さがみ茶屋」があまり好きではなかったので、「さがみ茶屋」が閉店して「いろり庵きらく」に変わってからも今まで訪問しなかったのでした。
「さがみ茶屋」も「いろり庵きらく」も経営元はNRE(日本レストランエンタープライズ)で、昔の日本食堂、要するに国鉄〜JR東日本系の会社であります。
で、本日食べてみたところ、、、おお、「さがみ茶屋」の頃よりも着実に美味しくなっていて、これなら藤沢駅ホーム上の「大船軒」より¥30高い¥320のかけそばも存在意義ありと思うものです。


IMG_8795.jpg


ところで本日、JR東日本から食の提供についてのニュースがありました。
新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためとして、1月16日以降に運行する新幹線のグランクラスの発売を当面の間は中止するとのこと。
グランクラスについては1月16日~2月13日の分が既に発売されていますが、購入済の客に対しては、通常のグリーン車への変更を呼び掛けているのだとか。
合わせて車内販売の中止も行なわれ、「サフィール踊り子」のカフェテリア営業や、首都圏普通列車のグリーン車の車内販売も中止されます。
まぁなんと言いますか、車内で食事をしながら会話をしないように、ということなんでしょうけど、だったら駅の売店での飲食物の販売も休止すべきでしょうから、どちらかというと感染拡大防止というのは表向きの理由で、実際のところは緊急事態宣言発出に伴い売り上げ減少が見込まれるから、というのが大きいのでしょうけどね。
前回の緊急事態宣言の時も同様でしたから、、、まぁ仕方がないですね。。。



きつねそばとたぬきうどんの化かし合い
2021年01月12日 (火) 22:22 | 編集
 
食文化というのは地方によって様々なのは周知のことですが、特に東西の比較というのは永遠のテーマであると思います。
中でも麺類における「きつねとたぬき問題」は、お互いを理解していない関東人と関西人が話をすると、えらい面倒なことになります。

8116e419.jpg

まずは「きつねうどん」、これは関東と関西で共通で、油揚げが載ったうどんです。
ここまでは良いのですが、ここで概念が共通していることが、かえってこの後の話の展開をややこしくさせるのです。
関東人にとって「たぬきそば」といえば天かすが載ったそばですが、関西人にとっては油揚げが載ったそばです。
関東人「え〜っ、それってきつねそばのことじゃん」
関西人「なに言うてんねん、きつねはきつねやで」
そもそも関西には「きつねそば」という概念が存在しないので、ここで関東人は途方に暮れるのです。
関東人「え??、きつねそばのことをたぬきそばって言うのか、、、じゃぁたぬきうどんのことはなんて言うの?」
関西人「いやいやたぬきうどんてwww、たぬきはそばやねん」
関東人にとって「きつね=うどん」で「たぬき=そば」という関西ルールを理解するまでは、ここで思考が停止します。


i9h3g3v3r0h3rvh0.jpg


関西には「たぬきうどん」という概念は存在しませんが、天かすが載ったうどん自体は存在していて、どうやら「はいからうどん」などとも言うようですが、関西の人はあまりこのことには触れませんね。
なんかもう、いつも漫才の掛け合いみたいになってしまうんですけど、関西の人は理論的に説明することを敢えて避けていて、関東人が困惑するのを見て楽しんでいるフシさえありますwww



本当に世知辛い
2021年01月10日 (日) 22:43 | 編集

「成人式には行かないで」専門家が警鐘 都会から田舎にコロナ持ち込まれるリスク
、、、こんな記事がありましてね。

なんでも、成人式の式典そのものの感染リスクはそれほど高くないんだけど、都会に出た若者が感染者がいなかった田舎に成人式のために帰ってくるという点が高リスクだと、、、ほんでもって、式典後に同級生で集まってお喋りして飲み会をして感染しあう、、、そして実家に戻って家族に感染させる、、、高齢者が発症する、、、という論法です。

まぁ理屈としては解るけど、、、本当に世知辛い世の中になりましたなぁ。。。
この論法だと「都会からきた若者を見たら感染者と思え」ってことでしょ、、、感染症の専門家と称する人がこういう啓蒙をすると、転じて「医療従事者の家族が不当な差別を受けるような土壌ができる」という皮肉の極みですわ。


o9hff2.png
(画像はイメージです)



シャコタンブギ バカバカしくて好きでした
2021年01月03日 (日) 22:29 | 編集

今日(3日)も軽くランニングしました。
この正月にランニングしている際に沿道で目立つのは、珍走団っていうんですかね、昔の暴走族仕様のオートバイや、シャコタンブギで言うところのチバラギヤンキー仕様のクルマが爆音を轟かせて走っていることです。 
しかもその数の多いこと多いこと、、、江ノ島近辺の道路に少なくとも関東一円から集まって来ていますなこれは。
まぁ信号もちゃんと守っているので、爆音以外はそれほど迷惑でもないですし、懐かしい旧車を改造して割りと綺麗に乗っているので、見ているぶんにはそこそこ楽しいというね。
ひとつ言えるのは、今の若者ってちゃんとモラルを守っている人が多いのに、昔の若者ってホントにアホな奴が多かったなぁ、、、と。
で、昔のアホな若者はオッさんになってもアホのままというね、、、ええ、ウチらの世代です。


unnamed.jpg


さて、昨日(2日)の夜は晩酌しながらTVを視ていたんですけど、たまたまやっていた「スポーツ王は俺だ!」っていう、お正月の定番番組を見入ってしまいました。
この番組、超一流のスポーツ選手がたくさん出演するので、やっていることは決して子供騙しじゃないし、とはいえ内容的に緊張感は全くなしなので、酒を飲みながら視聴するのに向いています。
あと、おいら自分が体育会系の飲み会で育てられたので、この番組の隅々に充満している体育会系臭さが心地良いんだと思います。


IMG_8591_20210104034401834.jpg


しかしながら、コロナ禍において最もヒンシュクものの会合が「体育会系飲み会」だと思いますもんね。
学生時代のハンドボール部のOB連中で集まったら、新しい生活様式に則した会食とか果たして出来るんだろうかwww



潜在的記憶?
2020年12月23日 (水) 22:25 | 編集
 
夢を見ると、もう10年以上、場合によっては20年以上会っていない、別にそれほど仲の良くなかった、場合によっては挨拶程度しかしなかったような人が出てくることってありませんか?。
その人のことなんて、普段の生活ではほぼ完全に忘れているというのに、いきなり夢に出てくるという、、、こういうのを潜在的記憶っていうのですかね?。
おいらって、以前からそういう夢をたまに見ていたわけですけど、近年では「夢の中で久々に会った人の顔は覚えているんだけど名前が出てこない」というケースが散見されるようになりました。
ほんでもって、夢の中で相手から「〇〇です」って言われて「あ〜そうそう〇〇さんね」となって思い出すという、、、久々に夢に出てきただけで潜在的記憶が蘇っているというのに、さらに夢の中で、もう一段階深いところにある潜在的記憶が掘り起こされるという、、、人間の脳って不思議だ。。。

注)潜在的記憶とは、、、正しくは無意識にできる動作の記憶や、反射的に思い出してしまう記憶といった、内容を意識的に言葉で表現することができない記憶を潜在記憶というそうです。例えば「クルマを運転していて歩行者が飛び出した時に咄嗟に急ブレーキを踏む」というようなことがそれに当たるとのことです。

さて、今日(23日)は暖かな水曜日でした。
ランニングも長袖シャツ1枚でイケちゃいました。
スバナ通りはカップルばっか、、、あ〜今日はクリスマスイブイブですもんね。

夜はオダキューのデパ地下とヤオコーをハシゴして半額見切り品を漁ったわけですけど、この時期に美味しいのは寒ブリですよねぇ。


IMG_8491_202012240833296eb.jpg


もう脂がノリまくりで、まさに脂っこいわけですけど、しつこくないんですよね。
コロナ禍のせいで、高級食材がお手頃価格で自宅でいただけるようになりましたが、これは苦しんでいる業界があることの裏返しですから、素直には喜べませんですね。



Powered by . / Template by sukechan.