FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
牛肉弁当数々あれど
2020年09月24日 (木) 22:25 | 編集
 
今日は木曜日だったので、3週に1度の障害者歯科診療当番ということで、お昼に我が診療室を抜け出させていただいて「口腔保健センター」に向かいました。
台風は一昨日の予想よりもかなり東に逸れましたので、湘南地方への影響は少ないものの、台風の進路の西側ということで北風が強まり当地では気温が下がりました。
前回は、片瀬山から口腔保健センターまで歩いただけで汗びっしょりでしたが、今日は軽く汗ばむ程度でした。
当番終わりの17時過ぎに我が診療室に舞い戻る時は、霧雨が降っていて、もう肌寒いレベル、、、台風は季節を推し進めるというのは本当ですなぁ。

さて、おいらにとって、駅弁の中でトップに君臨するのは「崎陽軒のシウマイ御弁当」であることは過去に何度か記しました。
それでは、ある食材に特化した駅弁の中でも、全国的に数多ある牛肉をメインに据えた駅弁の中でのトップは?、、、となれば、近江牛を擁する滋賀県の米原駅か、米沢牛を擁する山形県の米沢駅か、、、ということになるのですが、ここはやはり米沢駅の「新杵屋」による「牛肉どまん中」を推したいと思います。


IMG_7666.jpg


駅弁の世界の面白いところは、やたら高級感を押し出した値段の高い商品が美味しいかというと、決してそんなことはないということ。
やはり駅弁独特の「冷めた状態で食べるのが最も美味しい」という条件のもとに作られる性格上、高級食材云々よりも調理法と組み合わせのバランスが重要ということのようです。
この「牛肉どまん中」も決して米沢牛を使用しているわけでもなく、値段も¥1250に抑えられていて、味付けと量のバランスを重視していることが分かります。


IMG_7667.jpg


駅弁というのは、昔から売り続けられている「定番」に美味しいものが多いですが、やはり飽きられないものには飽きられない理由があるというわけです。
その点で言うと「牛肉どまん中」は比較的歴史の浅い駅弁なのです。
1992年、山形新幹線の開業に合わせ、いわば「街おこし」的な意味も込めて開発されたという背景がありまして、それが今や、米沢駅だけでなく山形駅はもちろんのこと、仙台駅、福島駅、大宮駅、上野駅、東京駅でも販売される定番駅弁となりました。
コンビニの牛肉弁当しか食べたことのない向きには是非一度、この逸品を電子レンジで加熱することなく食べていただきたいと思うものです。



スポンサーサイト



表面張力が好き
2020年09月23日 (水) 22:41 | 編集
 
台風12号、当初の予想よりも進路が東にずれているようで、良かったです。
TVなどで言っているほどの「ザ・台風」ではありませんし、まぁ今回は、、、という感じですね。


20092318.png


さて、飲食物において「見た目も味のうち」というのは疑いの余地がないと思うのですが、見た目の要素には盛り付けだったり、食器だったり、色々あると思います。
今回は、見た目の中でも表面張力というのを取り上げてみたいと思います。


IMG_7645_202009240656031fa.jpg


日本酒を飲む際に、グラスを升やお皿に乗せるなどして、敢えて溢れるまで注ぐ「盛りこぼし」と呼ばれるものがあります。
この時に表面張力でグラスの上面から僅かに盛り上がった状態、この見た目が個人的にはとても好きでしてね。

実は、子供の頃から何故かこの表面張力の見た目が大好きで、牛乳でこれをやっては親から怒られていました。
今や、怒られることもなく、頼んでもいないのにお店の方から勝手にやってくれるというね、、、子供の頃からの夢が叶う瞬間ですな。



逆もまた真なり
2020年09月22日 (火) 22:36 | 編集

本日の火曜日は秋分の日であります。
今日から日没の時刻が加速度的に早まる感じがして、まさに「秋のつるべ落とし」が始まるんですよね、、、なんとなく寂しい気分になってくるわけです。

さて、本州の南には熱帯低気圧から台風に変わった12号が接近中です。
こんな日本の近海で台風が発生し、しかも勢力を増強中というのは、やはり今年は海水温が異常に高いからですね。


9893h34g30.png


本日(22日)の予想では予報円の真ん中がちょうど三浦半島あたりですから、これが今後に東にずれるか西にずれるかで、状況が大きく変わりそうです。
もちろん東にずれることを願うものです。

さてさて、本日ちょっと面白い川柳に出会いました。
「幸福感 食べたあとには 罪悪感」
「罪悪感 食べたあとには 幸福感」
うん、どちらも正しいwww


IMG_7632_20200923075954851.jpg


これぞまさに、逆もまた真なり。



涼しい料理
2020年09月17日 (木) 22:23 | 編集
 
朝晩は随分涼しくなりましたし、日中も最高気温が30度に届かない日も増えてきました。
夏が去ってゆくのは寂しいですが、秋の空気の中に夏の匂いが残る今の季節もまた趣深いと思うものです。

さて、日本には夏に食べる「涼しげな料理」が多いです。
特に涼しげな菓子には枚挙にいとまがないほどに、デザート系は涼しさを表現したものが多いですよね。


IMG_6922_202009180748115ac.jpg


写真は「六花亭」の「メープルみつまめ」でして、これは洋風デザートの範疇に入るのでしょうけど、日本人の感性で作ると、こうも涼しくなるかという、、、やはり日本特有の「湿度が高い夏」がこういう涼しげなものを創作する土壌を作っているのかもしれません。



緑茶ガブガブ
2020年09月16日 (水) 22:23 | 編集

天気予報が芳しくない水曜日でしたが、実際のところ日中は雨も降らず、晴れ間もありました。
朝から内科に行って喘息の診察をしていただき、その後は軽くランニング。
ランニング終わりは「濱野水産」で生シラスと釜揚げシラスをゲット、その後は藤沢市外に出て銀行に行って、釣り銭用の両替などを、、、そして遅めの昼食は「なか卯」で親子丼とウドンのセットをいただきました。


IMG_7491_3.jpg


貴重な平日の休診日である水曜日の昼食は、野暮用廻りの途中で「なか卯」でいただくことが多いのですが、理由としては、銀行の近くにあるということと、JAFの会員特典が使えるということ、うどんの出汁が関西風なことなどが挙げられるのですが、夏の期間ですと、出されるお冷が水じゃなくて緑茶というのが大きなポイントになります。
冷たい緑茶をガブガブ飲めるのっていいですよね、おかわり自由だし。

我々日本人にとっては「水やお茶が無料で供される(しかも高級店じゃなくてもフツーに)」って、日常の光景ですけど、これって来日した外国人観光客からしたら、驚き以外の何物でもないでしょうね。
外国人に「日本は美食とサービスの国」ということを印象付けている要素のひとつだと思うものです。

夜は水曜日のお約束で「ヤオコー」に行って半額見切り品を漁ったのでした。



ケタ違いの格差
2020年09月12日 (土) 22:23 | 編集
 
先日、アメリカンドッグの大人買いをしたという話を記しましたので、ホットドッグ繋がりで、、、ネットの情報によると「本場USAにだって負けないホットドッグ専門店:DOG HOLICの登場!」という話題。
能書きでは「ソーセージの本場 ドイツで生まれ、アメリカでファストフードとして広まり、日本でも軽食の定番として永く愛されているホットドッグ。ドッグホリックは、そのイメージを刷新します。」とのことで、さらには「アメリカのダイナーへのリスペクトを欠かさず、日本人にもぴったりのホットドッグ」ですと、、、なんかオサレでカッコいいじゃん、、、写真を見ても「結構良さげな感じ」がします。


img20200713122548202161.png


しかし、しかし、、、メニューを見ると、最も安いプレーンドッグが¥1490で、最も高いベーコンチーズチリドッグが¥2030というね。


fc13bd51.jpg


これぞ本場USAリスペクト価格ということですか、、、先日「ヤオコー」で買ったアメリカンドッグは1本¥50でしたから、もう何が何だか。。。
いや〜格差の拡がった社会を象徴しておりますなぁwww



未知なるものは昔も今も怖いんですね
2020年09月11日 (金) 22:24 | 編集
 
帰宅したら嫁さんが豚肉を焼いておりました。
分厚い豚肉だすが表面はコンガリで、断面中央部はピンク色だす。
これが赤ワインによく合いますた。


IMG_7407_202009121028439b8.jpg


さて、晩飯を食べながらTVを視ていたのですが、NHKのEテレでドキュメンタリーをやっておりまして、、、第二次大戦末期、ドイツ軍がイタリアのローマを占拠した際に、ローマの医師がユダヤ人を守るために、架空の感染症をでっち上げ、ニセのカルテを記載し、ニセの隔離病棟をこしらえて、そこにユダヤ人をニセ患者として匿ったという話でした。
昔も今も軍隊にとって感染症というのは見えない敵:まさに難敵で、感染防御は超重要事項でありまして、非常に神経を尖らせるわけですよ。
あのナチスのSS(武装親衛隊)でさえも、Kシンドロームと呼ばれた架空の新興感染症に恐れおののいて、隔離病棟内には踏み込めなかったのだとか。
まぁね、、、情報が発達した現代ですら、こと未知の感染症となると、官民挙げて神経尖らせて、巷では真偽の定かでない色々な情報が錯綜しますもの。



熱中症やばい
2020年08月19日 (水) 22:19 | 編集
 
暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
東京都内だけでも、8月に入って熱中症で亡くなった人は17日までに既に79人に上っています。
年代別では80代が最も多く、70代以上がおよそ8割を占めており、新コロに限らず、熱中症でも何でも「高齢者は要注意」ということですね。

熱中症にならないようにするためには水分補給はもちろん大切ですが、初期の兆候が出たらすぐに対応することも大切です。
実はおいら、過去に熱中症でぶっ倒れたことがありまして、それは大学2年生の時、部活の夏合宿でのことでした。
まぁなんせ、炎天下で午前と午後に2時間づつ練習をしていましたからね。
おまけに練習中に水分を適宜補給するという慣習はありませんで、水分補給できるのは途中1回の休憩と練習終わりのみ。
当時は熱中症という言葉はなく、日射病とか熱射病とか言われておりました。


summer_necchusyou_mask_girl.png


そんな経験を持つおいらなので、熱中症の前兆には敏感です。
おいらの場合は、首や肩が凝ったような感じになり、そのまま水分を補給せずにいると頭痛に発展します。
頭痛が出たらこれは極めて赤に近い黄信号なので、即対応が必須です。
それから、もともと自分は超がつく汗っかき体質なので、発汗が止まっていないかどうかも重要なポイントです。
水分補給した瞬間(正確には15秒後くらい?)に、ブワ〜ッと発汗したりすると「いや〜危ないとこだった〜」って思いますもの。

ちなみに、マスクをしているとマジでやばいですね。
杓子定規で「外出時は常にマスクを着用」するのではなく、密集や密接にならないところでは「適宜マスクを外す」ことが大切だと思うものです。



巨人軍の関西球団化
2020年08月15日 (土) 23:43 | 編集
 
今日(15日)は終戦の日、靖国神社に一部の閣僚が参拝したことに対してや、全国戦没者追悼式での首相の式辞の内容について、各国が多様な反応を示すのは当たり前で、いろいろな見解があることは全くもって当然だと思います。
しかし、日本のマスコミは中国と韓国の反応だけをニュースにして報道します。
新型コロナに関しては、相変わらず新規陽性者数だけを取り上げて「感染拡大に歯止めがかかりません」と不安を煽ります。
緊急事態宣言の頃に「正しく怖がりましょう」と言われていましたが、今やそれとは真逆な状況です。
安心と安全を履き違えた報道が先行し、経済がボロボロになっていることに今一度気づくべきだと思うものです。
電車に乗る機会があったら、ぜひ視線を上に向けて車内広告を探してみてください。
鉄道会社の自社広告以外の広告なんて数えるほどしかありませんから。

さて、たまには笑える内容も取り上げたいと思うのですが、プロ野球の話題です。
巨人軍といえば「東京の球団」というのは周知の事実でありますが、現在の内部は東京の球団の様相は全くなく、完全に関西のお笑いのノリになっているいうね、、、





巨人の関西球団化(笑)の原因は元木ヘッドコーチによるものであるわけですが、チームの雰囲気としては悪くないように思いますし、それが現在の巨人の強さに繋がっているのかもしれません。
その他の巨人の公式動画もなかなか面白く、アンチ巨人のフォロワーも多いとのこと。
巨人の広報ってこんなに優秀だったんだ〜www


00hg3g.jpg



泥棒猫の唄
2020年08月08日 (土) 22:24 | 編集
 
先週の土曜日に梅雨が明けて1週間、やはり夏はいいですね。
昨日(7日)が立秋でしたから、暦の上ではもう秋で、今年は夏が1週間しかありませんでしたけど。
やはり灰色の空より青い空がいいですね。
蒸し暑いのは嫌だけど、通勤時に空が明るいだけで、仕事中に窓の外が明るいだけで、気分が前向きになるというものです。
新コロのせいで気分も塞ぎがちな梅雨でしたけど、この1週間で少しは清々しくなったかな、、、と。
あとはマスコミが陽性者数だけを前面に出す報道で大衆を煽らないで欲しいものです。

さて、世の中には「メロディーは明るいのに内容が暗い歌」というのがありまして、個人的にその代表曲といえば「悲しみがとまらない」であります。
まぁなんてったって「泥棒猫にしてやられた唄」ですからね、しかも「親友が泥棒猫」っていうね。
おいらこの歌のおかげで「sympathy」という英単語が記憶に固定されましたから。
ふたりは sympathy 感じてた〜、「sympathy=信頼感」ですよね、わかります。
世では「sympathy=お悔やみ」という訳が主流だそうですが、この歌では「お悔やみ」ではないですね、わかります。

さて、そんな明るいくせに暗い内容の「悲しみがとまらない」ですけど、ご紹介する動画は稲垣潤一と小柳ゆきの秀逸デュエットです。





よくFNS歌謡祭とかで「意外な2人のコラボ」を企画して残念な結果を生むこともしばしばあるわけですが、キーのチェンジも上手いことやってるし、この2人の相性は良いですね〜。



Powered by . / Template by sukechan.